「やらない」決断

練習をしないことには走れないですね。

練習をすることによって自信を深め、
その自信を基にして次のステップへ挑む。
それを繰り返していくことが練習の本質。

いろんなスポーツや様々な芸事、
仕事や勉学などの全てにおいて、
とにかく反復して練習することが
今よりも向上するために必要なこと。

でも、練習を積めばいいわけでもなく、
それに合わせて適度な休息休養や
栄養の摂取だって必要になります。

自分自身には何が足りていなくて、
何をすることが本当に大事なのか。
そういうことも見極めないといけないし、
自分が有効に使える時間も限られています。

自分自身の強みは何なのか。
強みを知ることは大事です。

あれやこれやと欲張って狙うから
時間が足りなくてどれもが中途半端。
中途半端だから大した自信もなく、
自信がないからどれをやっても中途半端。

そんな悪循環を脱したいのであれば、
まずは何か一つに照準を合わせて
そこで一つ自信になる結果を残す。
その自信を基準にして次のステップへと
道を増やしていくのはどうでしょうか。

「やること」も大事なことですが、
「やらないこと」も大事だと思います。

筋トレは必要ないわけではありません。
この言葉の本質を考えたことはありますか?

教えたり伝えることは簡単ですが
一方的では知識が増えるだけで、
選択肢が増えれば増えるほど
方向性を見失う原因になるのかもしれません。

 

さくら組で一緒に走ってみませんか?笑