7月5日(金)

朝起きて階段を1往復。

「はい、おかしい。」
そんなわけで今日は休養日。

コンディションを整えることだけは練習以上に気をつけているから、階段を上り下りをするだけで体調の良し悪しがわかるし、身体のバランスが良くない(もしくは整っていない)ということがわかる。

教室の人でも「毎朝、駅の階段を上ることで貧血かどうかをチェックしてる」と言ってるぐらいだから、こういうことを敏感にキャッチできる人は楽しく走っているだけでも自分の記録を更新していくんだろうね。

それにしても今日は良い話をいくつか聞けた気がする。

大塚製薬さんから「こういうのがあってね…」と教えてもらい、これは大会でうまく活かせるといいな~って話があったり、それとは別にコンディションを整えるために必要なことをマニアックなレベルで相談に乗ってもらったり、妄想レベルで提案されたのに「また企画書出してくださいね」とオファーがあったり。

大塚製薬さん以外にも昨年今年と行かせてもらったスポーツショップから、「クリニックの講師をお願いします」とオファーがあったり。
今度は1泊2日になりそうな感じ。

正しい情報を提供する人から専門的な情報を手に入れて、それをうまく自分に落とし込んでいきながら自分の現在地を探る。自分の現在地がわかれば目標までの距離もわかる。距離がわかれば対策もしっかりと練っていくことができる。

目標ばかりに囚われていては足元すくわれちゃうよ?
足元からしっかりと目標へと近づいていかないとね。

▼ 練習内容
バランストレーニング 30分ほど

室内で汗をダラダラ流しながら走らないトレーニング。

走らなくても速くなる方法はある。
正確には「速く走るための準備」にあたる部分。土台。骨組み。下地。礎。基盤。これだけ言えばしつこいか。笑

早い話が「基礎作り」。

1+1=2を理解していないのに、東大受験の問題が解けますかって話。
足し算引き算はクリアしているだろうけど、掛け算引き算はクリアしているんでしょうか。掛け算引き算をクリアしていても()とか入ってくるとアウトですよね。

(5+5×9)×4-100=???
150-(12+3)×4+10=???

解けますか?

基本ができていれば簡単な問題なんです。
一般市民ランナーはそんな感じなんだと感じます。練習メニューは理解しているし、練習が大事なことも理解されているし。でも、何かが違っているんですよね。そればかりは個別に意見交換をして理解してもらう必要があるんですけど。

先日、連絡を取り始めた方は意識がこれまでとは違います。
どれだけ自分の考えているランニングがズレているかを理解して、明確にすることができた目的地と気づくことができた現在地から自分自身にとって何が足りないかが具体的にイメージを持てるようになりました。

走ることはできないけど速く走れるようになるため、快適に走るようにするための基本を見つめ直したから、ランニングを再開するときに動きが良くなっていると思います。

あぁ、早く走りたい。

▼ 今日のコンディション
体重 : 64.00 kg
距離 : 0 km
合計 : 16.9 km